FC2ブログ

Evineは神戸在住です。

車で8分ほど、自宅近所のショッピング施設「御影クラッセ」内のメトロ書店神戸御影店さんのフェア台写真。

IMG_8689.jpg


大きな展開も嬉しいのですが、Evineが神戸にいるよ、ってポップが実は嬉しい。

僕は関東の人と読者に思われていることが多く(著者プロフィールに神戸在住とアピールしてるんだけども)、神戸にいるのになぁ、といつも思う。1冊目の刊行から9年になりますが、こうした地元をまずは大切にした展開が意外にも初でとても新鮮でした。

神戸の人間は自分たちを「神戸っ子」「神戸人」などと呼び同じ関西の中でも大阪とは区別したがります。敵対しているわけではないんですが、勝手に神戸人が壁を作っている気もします。教室を神戸と大阪でやっていますが、生徒さんの雰囲気もJRで30分ほどの距離にもかかわらず大きな変化がある。

また関西弁ではなく神戸弁も実はある。典型的なのは、大阪弁では「何してんねん?」が、神戸弁では「何しとん?」「何しとう?」になる。セミナーで話をすると、ちょっとコテコテの関西弁とは違うね、という反応もあり、いつも面白い。また地元の小学校で使用されるノートは「神戸ノート」と呼ばれ、これは完全に神戸でしか存在しない(はず)。神戸の風景がカバーになっているのがポイントです。神戸市で指定されているわけではありませんが、少なくとも自分の周りでは神戸ノートしか見たことがありません。

息子のノートを見てみると今でも健在。連絡帳の後ろは神戸の異人館で有名な風見鶏の風景がプリントされていました。

IMG_8694.jpg


自分のベースはやはり神戸にあるので、本屋さんに限らず大切にしていきたい。
でも肝心の神戸ビーフは、コロッケに入ってる具材でしか食べたことがない(笑)





関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Evine(エビン)

Author:Evine(エビン)
英語講師の恵比須 大輔(Evineエビン)です。

Teaching Directorとして関西(神戸と大阪)にて「やりなおし英語JUKU」と「Evineの英語塾」を主宰。年中さんから社会人まで、幅広い世代の生徒に、日夜「英語4技能」のベースとなる「コア英文法」を軸にした英会話指導をしています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム