FC2ブログ

我が子への英語教育

仕事柄、どうしても我が家の息子たちの英語教育についても夫婦間で話題になる。

今は、簡単な日常に用いる英会話表現と動詞の表現が中心で特に綴りまでは教えていない。(アルファベット程度は書けますが)
小1の長男はそのうちローマ字も入ってくるので、その学習と英語ならではのフォニックス指導をどう組み合わせるべきか思案中。

と言いつつ、
実際はメソッドよりも根本的な問題がある。

昨年、息子に聞いたことがある。

僕「なんでお父さんは英語を○○(息子の名前)に勉強しなさい、って言ってると思う?」
長男「う〜ん(難しい顔して、悩んだ挙句)大人になったらいるから?!」「大人はみんな英語ができるから?!」

根本的な質問を息子に投げていなかったことに気付く。

しまった、これじゃあかんわ。

大人になったら、なぜ必要なのか、本当に必要になるのか?どう必要なのか?
息子には何一つ明確な答えがない。

息子たちの将来の方向性やキャラ、関心もまだまだ定まっていない状況で、
親が「大人になったら必要やから」というのはあまりに理不尽。

子供の立場からしたら「意味わからん」の話。


偶然、息子が英語は楽しいものだと思えたらラッキー。
実際にはそう上手い話ではない。
また子供が英語を本当に楽しいと感じるにはゲーム要素が必要。しかし困ったことに、ゲーム要素で英語はまず定着しない。(英語圏で暮らす子供たちと環境がそもそも違う)


色んな英語学習者の一助になるべく奮闘する我が人生、
にもかかわらず、肝心の息子たちの英語教育に携わる時間が少ないのでは本末転倒。

引き続き、悩んでみたい。


写真は今年参拝した西宮神社のえべっさん。
「吉」で喜ぶ長男(笑)

kids.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Evine(エビン)

Author:Evine(エビン)
英語講師の恵比須 大輔(Evineエビン)です。

Teaching Directorとして関西(神戸と大阪)にて「やりなおし英語JUKU」と「Evineの英語塾」を主宰。年中さんから社会人まで、幅広い世代の生徒に、日夜「英語4技能」のベースとなる「コア英文法」を軸にした英会話指導をしています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム