遅ればせながら、あけましておめでとうございます

ブログ読者の皆さん、あけましておめでとうございます。
旧年中は当ブログをご愛読いただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年も早いもので1週間が経過しました。
4日から仕事始めでしたが、2017年を振り返れば、公私ともに大変充実した1年でした。

出版社アルクさんより、英検3級と準2級(増補版)も無事に発売。
過去には裏方で模試問題の作成やTOEICの執筆経験はあるのですが、著者として英検の対策本は初めてで、良くも悪くも色んな経験ができました。

紀伊國屋書店新宿本店さんでは、昨年の語学書年間売上ランキングで拙著 『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』が3位に入り、発売から10年になりますが、未だ多くの読者の方に利用していただいている結果ですから、とても嬉しい形で締めくくることができました。

image1.jpg

image2.jpg


僕の教室「やりなおし英語JUKU」では「コア英文法」を軸に話せる力を養うことをコンセプトにしていますが、その学習効果をより引き上げるために、まさにリスニング、スピーキング、語彙力強化、そして英文法を1つにしたレッスン構成にリニューアルしました。2017年の中盤から、バイリンガル講師が中心となってスタッフには色んな改革をお願いしました。まだ全てのコース整備が終わったわけではありませんが、とても充実したコースラインナップが今年は完成できそうです。

また並行して、去年の夏くらいから新刊を延々と執筆中です。遅筆で、焦りながらも妥協は当然できませんのでしっかりと進めているところです。どうぞご期待ください。


*アルクさんのWebマガジン「GOTCHA!執筆陣からの新年メッセージ」に寄稿しました。
http://gotcha.alc.co.jp/entry/20180101-messages-from-authors


完了時制クイズ

アルクさんのWebマガジンGOTCHA!(ガチャ!)にて、連載中の英検対策コラムの第四弾公開!

今回のテーマは「完了時制」です。
特に過去形と現在完了の区別に苦手意識を持つ生徒は多いですね。

それでは早速、チャレンジしてください。制限時間は「12分」です。


文法的に正しい英文になるよう、カッコから適切な語(句)を選びましょう。

(1) When [ have you last visited / did you last visit ] Australia?

(2) Andre said you [ had explained / have explained ] the situation to him.

(3) We [ had moved / moved ] to New Zealand nine years ago.

(4) I’ll let you know as soon as [ I have / I’ll have ] cleaned up my room.

次に、日本語の意味になるようにカッコに適切な語を入れて英文を完成させましょう。

(5) 「今までにオーストラリアに行ったことはありますか」
Have you ever (  )(  ) Australia?

(6) 「 僕は今日ユイに2回電話をしましたが、まだ折り返しの電話がありません」
(  )(  )(  ) twice today, but (  )(  ) called back yet.

(7) 「 これまでに何回この記事を読んだの?」「わからないよ、数えていないからね」
How many times (  )(  )(  ) this article so far? ― I don’t know, I (  )(  ) counting.

(8) 「 家のWi-Fi が昨日の夜からずっと動いてないんだ」 
The Wi-Fi at home (  )(  )(  ) since last night.

(9) 「最近、私とっても痩せたのよ」 
(  )(  ) a lot of weight recently.

(10) 「6年間日本にいた後、スコットランドに帰りました」
I (  ) back to Scotland after I (  )(  ) in Japan for six years.


お疲れ様です。
いかがでしたでしょうか?

答えとポイントはコチラをご覧ください。

>> 苦手な完了時制を克服! 12分でチャレンジできるEvineの英語テスト



英語の基本時制クイズ

アルクさんのWebマガジンGOTCHA!(ガチャ!)にて、連載中の英検対策コラムの第三弾公開中です。

今回のテーマは「時制」です。
早速、チャレンジしてください。制限時間は「12分」です。


文法的に正しい英文になるよう、カッコから適切な語(句)を選びましょう。

(1) I totally forgot I don’t have school tomorrow. [ I’ll stay / I stayed ] up late tonight.

(2) I [ got / get ] an invitation to a friend’s birthday party today, but it’s going to cost me like $100!

(3) What [ will you / are you ] doing after lunch, Sachi? – Well, I’ll probably go jogging.

(4) Usually Kazu [ isn’t eating / doesn’t eat ] breakfast. He gets up too late.

(5) When [ I’ll get / I get ] home, I’ll send you some pictures.

次は、カッコ内の語(句)を並べ替えて、自然な英文を完成させましょう。

(6) I hit ( my dad’s car / when / my head / was / I / getting into ) this morning.

(7) We ( close to / each other / to / live / used ).

最後に、日本語の意味になるようにカッコに適切な語を入れて英文を完成させましょう。

(8) 「今週の金曜日は数学の期末試験だよ」
(  )(  ) my math final this Friday.

(9) 「今日自分のバス停を乗り過ごしたんだ。注意していなかったんだね」
I (  ) my bus stop today. I (  )(  ) attention.

(10) 「最近、めちゃくちゃ勉強してるんだ。休息が必要だよ」
(  )(  ) so much these days. (  )(  ) a break.


お疲れ様です。
いかがでしたでしょうか?

答えとポイントはコチラをご覧ください。

>> 時制が苦手な人向け。英語の時制と仲良くなれるクイズ10



動画撮影

今年の5月からスタートした動画撮影の仕事が本日終了。

オフィシャルな告知はまだ先になりますが、中学英語を中心に、高校レベルの英文法レッスン動画を合計144本撮りました。

撮影は常にこの檻の中(白テープ)で。

IMG_9132.jpg

ライティングの調整に撮影スタッフの皆さん悪戦苦闘。

IMG_9136.jpg


新しい事はNOと言わない性格が災い(?)して、気軽に引き受けたこの仕事。(もちろん引き受けるからにはしっかりやる)
予想以上のハードさに、初回の撮影日はトイレで引きこもりかけました。。

生のレッスンは相当な場数を踏んでいるにもかかわらず、勝手が違う環境になるとこうも不自由になるのか、と。
それにしても久々にデッカイ経験をさせてもらいました。今は達成感で満たされています。

関係スタッフ皆さんのフォローに感謝して、また頑張ります〜



Evineは神戸在住です。

車で8分ほど、自宅近所のショッピング施設「御影クラッセ」内のメトロ書店神戸御影店さんのフェア台写真。

IMG_8689.jpg


大きな展開も嬉しいのですが、Evineが神戸にいるよ、ってポップが実は嬉しい。

僕は関東の人と読者に思われていることが多く(著者プロフィールに神戸在住とアピールしてるんだけども)、神戸にいるのになぁ、といつも思う。1冊目の刊行から9年になりますが、こうした地元をまずは大切にした展開が意外にも初でとても新鮮でした。

神戸の人間は自分たちを「神戸っ子」「神戸人」などと呼び同じ関西の中でも大阪とは区別したがります。敵対しているわけではないんですが、勝手に神戸人が壁を作っている気もします。教室を神戸と大阪でやっていますが、生徒さんの雰囲気もJRで30分ほどの距離にもかかわらず大きな変化がある。

また関西弁ではなく神戸弁も実はある。典型的なのは、大阪弁では「何してんねん?」が、神戸弁では「何しとん?」「何しとう?」になる。セミナーで話をすると、ちょっとコテコテの関西弁とは違うね、という反応もあり、いつも面白い。また地元の小学校で使用されるノートは「神戸ノート」と呼ばれ、これは完全に神戸でしか存在しない(はず)。神戸の風景がカバーになっているのがポイントです。神戸市で指定されているわけではありませんが、少なくとも自分の周りでは神戸ノートしか見たことがありません。

息子のノートを見てみると今でも健在。連絡帳の後ろは神戸の異人館で有名な風見鶏の風景がプリントされていました。

IMG_8694.jpg


自分のベースはやはり神戸にあるので、本屋さんに限らず大切にしていきたい。
でも肝心の神戸ビーフは、コロッケに入ってる具材でしか食べたことがない(笑)





プロフィール

Evine(エビン)

Author:Evine(エビン)
英語講師の恵比須 大輔(Evineエビン)です。

Teaching Directorとして関西(神戸と大阪)にて「やりなおし英語JUKU」と「Evineの英語塾」を主宰。年中さんから社会人まで、幅広い世代の生徒に、日夜「英語4技能」のベースとなる「コア英文法」を軸にした英会話指導をしています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム